しゃちほこ防災

大切な家族も財産も命も守るため、今すぐ準備を!

M8~9の地震が今後30年間に発生する確率は70%!! いま南海トラフ巨大地震が起きたら本当に大丈夫?

当店では7月分の集金時に粗品としてお渡ししておりますが、愛知、岐阜、三重で中日新聞を購読されている方には今年中にプレゼントされます。

巨大地震の被害予測、室内の災害対策、身の安全を守る、避難生活の知恵、家族で防災など、災害が起こったとき、知っておきたいものばかりです。ご家族全員で読み合わせをしてみて下さい。

今日は陶地区防災訓練

昨年は、台風の連発・広島での土砂災害・御岳山の噴火等多くの災害が報じられました。
昨今、異常が異常で無くなりつつあり、激甚災害がこの地域に何時発生してもおかしくないと言えます。
こうした状況を踏まえ、地域の絆を深め防災意識の高揚を図るため、防災訓練を開催させて頂きます。
避難訓練等の他に煙体験地震体験等も予定していますので、是非、ご参加下さい。
日時 2月11日(水)建国記念日 午前10時~11時30分
場所 小牧勤労センター駐車場
訓練内容
1・避難訓練 2・防災倉庫資材・応急手当等説明
3・水訓練 4・バケツリレー 5・消火訓練(水消火器) 6・消防分団放水訓練 7・煙体験 8・地震体験車
※雨天時は、多目的ホールで防災談話等
訓練想定
東海沖を含む巨大地震により、東海地方に甚大な災害が発生した。
陶地区は、濃尾平野から東部丘陵を取り付く地域に位置し、比較的地盤も安定しており被害は少なかったが、一部の家屋の倒半壊、火災、停電、断水等の被害が発生した。
この予断を許せない状況下で、上末・下末・高根3区の区民は、緊急消火・緊急給水・避難所への移動の必要性が生じた。
※寒い時期、野外での訓練です。防寒対策を充分にしてご参加下さい。
※訓練開始10分前までに、勤労センター体育館の入り口付近にお集まり下さい。
主催 陶小学校区地域協議会
協力 消防署・水道部・消防分団
実行委員長 鈴木 明

bousai

台風被害はありませんでしたか?

今日の朝刊時にこの辺りに接近した台風18号ですが、皆さんは大丈夫でしたか?当店も新聞が早く着いたのでスタッフの協力の基、無事終えることが出来ました。怪我が無ければ幸いです。

今、19号も近いルートで日本に接近していますので皆さん気を付けて下さいね。

御嶽噴火が心配ですね

今年は異常気象で広島土砂災害をはじめ、日本各地でいろいろな災害があり、被災され方も多いのでは?

そんな中、御嶽の噴火で47名の方たちが亡くなりました。あの状況ではどうすることも出来なかったとは思いますが、準備や対策を考えて遊びも行わなくてはと思います。備えあれば憂いなし、保険や警察、消防など携わる方は備えをした後、暇になってくれる世の中が良いですよね。

地震大丈夫だった?

今朝の2時6分ごろ瀬戸内海を震源地に震度5強の地震があり、愛知県では震度3を観測とテレビでありましたが、今のところの情報では怪我人が数名出たということで、大きな被害は出ていないということです。

最近、大きな地震がある時、各地の震度を見ると震源から近くても揺れなかったり、遠くても大きな震度が伝わったりと、距離だけではないのだということを思います。また、今日の地震では名古屋市北区は震度3だったのに春日井市は震度2、小牧市は震度1と場所によって様々なのは地盤の関係なのでしょうかね。

防災グッズの販売を始めたからではありませんが、大きな震災が起きても家族が安心できないとなかなか周りの人まで助けるということにたどり着けないでしょう。グッズなども含め、知識なども得ていざというとき、助け合える地域になると安心できますよね。

朝から降り続いている雨、新聞配達時間で少し弱まったり、止んだりしましたが、雨が降っている日は外に出たくありませんよね。皆さんは雨の日は好きですか?車を運転される方は視界が悪くなりますので、気を付けて下さいね。

明日は小牧豊山くらしのニュースの発行日となっていますので、よくご覧ください。地域に目を向ける人が多くなればそれだけ犯罪発生率も下がるというもの、これは学校区エリアで出ている犯罪発生件数を見て思うことなのですが、新聞を良く読んでいる地域ほど、犯罪発生件数が低くなっているのです。

暖かくなって

今日は今までと比べるとかなり暖かくなりましたよーね。昨日は東日本大震災から3年目ということで、防災関連の行事やイベントがいろいろあったようです。当店でも特選防災グッズの販売で防災をうたっています。

災害はいつやってくるlかは解りませんので、対策を整えて行きましょう。

東日本大震災から3年!

各メディアでここ一週間ほど、東日本大震災のこと、防災関係の特集が映されたり、載っていたりします。今朝の朝刊でも関連記事が多いのは当たり前ですが、3年経っても復旧が各地で思ったより進んで無いことには驚かされます。阪神大震災の時、見た目だけは神戸の街がみるみる元の状態に戻ったのを見ていた記憶と状況が違うので地域や被災が津波という状況で対策はいろいろと考えていかなくてはいけないのでしょうね。

皆さんも新聞を含めたいろいろなメディアに目を通して防災に対しての対策、ちょっとだけできる援助など少しでいいので考えてみて下さいね!